FC2ブログ
 
 
料金と予約 ネット予約特典 館内案内 展望露天風呂 アクセス 観光案内 ウェディング
うらかめやブログ
赤い橋のうらかめやからの新着情報
Calendar

<09 | 2018/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万治の石仏は田んぼの稲穂に囲まれていました。
下馬橋です。江戸時代大名も下馬して渡った下馬橋です。そう考えると諏訪大社は、由緒あるんですね。
 久しぶりに万治の石仏を見に行きました。
 下馬橋を眺めて、諏訪大社春宮の、おもむきある苔むした石垣を見て、鳥居の奥の狛犬と、新しく葺き替えた、檜皮葺(ひわだぶき)の金色の屋根を見て、その先を左に入ります。
苔むした石垣です。諏訪大社春宮の石垣は、歴史を感じる石垣です。
狛犬です。大社の入り口に鎮座します。
浮島(諏訪大社下社七不思議)にかかる赤い橋を二つ渡って、少し歩くとあります。
万治の石仏につながる砥川にかかる赤い橋です。川が流れていますし、森になっているので清々しく涼しいところです。
稲穂に囲まれた万治の石仏です。四季折々の表情を見せる万治の石仏、秋の実りを喜んでいる様です。
 万治の石仏は、その周りの田んぼの、稲穂に囲まれて、静かに鎮座していました。
まだセミの鳴く声がしましたが、トンボがいくつも飛んでいて、もう秋がそこまで来ているようでした。


 
copyright © 2005 うらかめやブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。