FC2ブログ
 
 
料金と予約 ネット予約特典 館内案内 展望露天風呂 アクセス 観光案内 ウェディング
うらかめやブログ
赤い橋のうらかめやからの新着情報
Calendar

<07 | 2020/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

鉄焼地蔵尊(かなやきじぞうそん)ー和泉式部(いずみしきぶ)伝説(来迎寺)
今回のお話の場所である来迎寺の門です。
阿弥陀さまのほこら
今日はすぐ近くの来迎寺の中に有る鉄焼地蔵様(かなやきじぞうさま)へ犬の散歩がてら、お参りに行って来ました。この鉄焼地蔵様は、かねと鉄焼地蔵様です。
【昔かねという娘が、幼くして父母に死に別れ、下諏訪の湯屋に別当方で召し使われていた。いつも耕作場へ弁当を運んでいたが、その弁当の飯をいくらか取って、菩薩に供えていた。それを主人に告げ口され、話を聞いた主人の妻が怒って、焼け火箸でかねのひたいを打ち付けた。かねは、泣き叫び表に出て、菩薩の顔を見ると、菩薩のひたいから血が流れ、かねのひたいには、傷一つない。日頃の信心によるものと伏し拝めば、姿形も美しくなる。これを聞いた主人夫婦は、心を入れ替えかねをかわいがる。美人の噂が都に聞こえ、帝に召しだされた。和泉式部そのひとであるという。式部は菩薩を都に移し、守り本尊として大切にした。和泉式部没後、最明寺入道が和泉式部の草庵に泊まった折、お告げがあって、御像を下諏訪の聖聚院(来迎寺)にお移しした。これが鉄焼地蔵尊である。】という伝説です。祠の前で御賽銭を上げると、かすかにお香のかおりがして、すてきでした。桜他幾種類もの春の花が満開できれいでした。






 
copyright © 2005 うらかめやブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ.