FC2ブログ
 
 
料金と予約 ネット予約特典 館内案内 展望露天風呂 アクセス 観光案内 ウェディング
うらかめやブログ
赤い橋のうらかめやからの新着情報
Calendar

<01 | 2011/02 | 03>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

2月25日に芸妓さんを呼んで、当館で春の料理と日本酒の会がありました。
≪如月の宵≫ と題して企画した当館のイベントです。 
乾杯酒の 咲 は、珍しいお酒で、10本ずつ買った人が2人ありました。
 坤滴(こんてき)はひと月に一度しか蔵出し(くらだし)しないので、来月になりそうです。
お料理をお気に入っていただいたか?良く食べていだきました。
 さらに、芸妓の芸が素晴らしかったです。
踊り 寿
獅子舞を持った踊り寿、お座敷遊びの、ねこじゃ ねこじゃ、お座敷遊び、金毘羅船船です。
金毘羅船船。
  黒田節は、お客さん自身が振付けをして、三味線に合わせて踊りました。
また三味線の伴奏で、カラオケみたいに歌った人もいました。
 みなさん時間を忘れて楽しんでいました。
 芸妓さんのお酌、絵になります
大正昭和の、生糸が全盛の時代に、このようにお客さんをもてなして、商売の大きな契約をしたと思うと、感慨深いものがありました。
 お座敷遊び お富さんです
 私も、お富さんに駆り出されましたが、芸者さんの「体操 体操」の言葉の通り、意外におもしろかったです。
                                                                              おんなの私も、お座敷遊びを見て楽しいし面白くて、どれにも大きな拍手をしました。
男女平等の今の時代、女性たちにも、ぜひこの楽しさを、味わってもらいたいと思いました。
スポンサーサイト



諏訪湖の白鳥の北帰行が始まったようです。
 のどかに昼寝をしているのがいます
水に首を突っ込んで何かを取っています
3月22日に我が家のウェルシュコーギーと散歩がてら白鳥を見に行くと、暖かい日だまりの中、白鳥が昼寝をしたり水の首を突っ込んで、餌をとって食べていました。
 これも3~4年(シーズンに何回か)見に足を運ぶ私にとって初めての光景でした。
羽をバタバタさせて、もう北帰行が近いなあという予感がしました。
 大勢人が見に来ていました。
中には高齢の人もいて椅子に座って見ていました。
 のどかでほっとする光景でした。
2月25日に当館で、日本酒と春のお料理と、芸者の芸を楽しむ会を開きます
 イベント如月の宵のちらしです
【如月の宵】と題して、2月25日(金)に日本酒と春のお料理と、芸者の芸を楽しんでいただくイベントです。
アルコールを飲めない方には、ソフトドリンクを御用意します。
 芸妓さんは≪三味線の千代丸ねえさん≫のほかに、≪日本髪の千華ねえさん≫です。
今回は、珍しいお酒をと思い、山形県の≪咲≫ スパークリング日本酒 濁り(にごり)酒とは違い、炭酸ガスを使った日本酒と、京都の坤滴(こんてき) 箱に米生産者と丹波杜氏(たんばとうじ)の名前が明記されたお酒です。 
 大正から昭和の中ごろまで、夜になれば三味線の音が響いていました。
その終わりの時期でしょう。
 私もお料理を配りながら、歌や踊りを見たものです。
芸者衆の、つややかな歌と三味線の音と、日本髪の芸者さんの舞などをお楽しみください。
白鳥は諏訪湖の岸に何羽も上がっていました。
 久しぶりに白鳥を見に行くと、いっぱい岸に上がっていました。
白鳥が、いっぱい岸に上がっていました
今日も男の人から餌をもらっていました。
 私のすぐ近く1メートル位の所に寄ってきました
私のすぐ近く、1メーター位の所に近寄って来ました。
何だか感激でした。
 皆が大切にしているから、近寄って来ますし、逃げません。
帳面を覗き込むようにして餌を待っています
餌をやる男の人が帳面を見ていると、覗き込むようにして、餌を待っています。
 かわいいです。
白鳥は私が来るたび違ったしぐさをして、発見があります。
筒粥神事を見に来て泊まった方の話です。
 筒粥神事を見るためうちへ泊まった方は、前から見たかったそうです。
この神事が始まる時間も次の日出す時間も、よく御存じでした。
 当日は仕事を3時に切り上げて来たそうです。
私も、今年は用事があって見に行かれませんでしたが、来年は始まるのを見たいと思いました。
お雛様を飾りました。
 段飾りのお雛様と、ケースのお雛様を飾りました。
いずれも私と娘がもらったものです。
お雛様段飾りです

段飾りは子供が小さいころは、おぶって一人で、おばあ様の部屋へ飾りましたが、今はうらかめやの玄関へ、従業員と飾っています。
ケース人形 末広
 また 今年から、ケース人形を年替わりで?飾ることにしました。
今年のは、末広書かれた、かわいい顔の人形です。
 今はあまり売っていなくて、珍しいです。
段飾りもケース人形も、植松家に加わった嫁と女の子の、幸せを願って、用意されたものでしょう。
 ありがたいことです。
秋宮の雪景色を見に行きました
 雪が降ったので、我が家のウェルシュコーギーと、諏訪大社秋宮の雪景色を見に行きました。
思った通りきれいでした。
雪の幣拝殿
 幣拝殿も、雪のさざれ石
さざれ石も、雪の寝入りの杉
寝入りの杉も、雪の大鳥居
大鳥居も、白松も、手水舎も、雪をかぶり、めったに見られない、素晴らしい雪景色でした。
 今シーズンこの辺は雪の日が少なく、シーズン初めて雪かきをしました。
2月5日に女将の会によって、アイスキャンドルの明かりが灯りました
 場所は中山道と甲州街道の合流の地です。
午前中に綿の湯界隈会豚汁接待用のテーブルを、合流の地へ持っていくと、桔梗屋さんと中川さんがアイスキャンドルを置く場所の絵を描いていました。
この人たちが氷柱を作りました。
 今井さんたちの氷柱作りが始まっていました。
3時半にみんなで集まって、牛乳パックから、アイスキャンドルを取り出して、秋宮、灯篭、寝入りの杉の絵の上にキャンドルを置きました。
 6時ころ点灯して、女将の会は福茶、綿の湯界隈会は、大豆入り豚汁(豆まきにちなんで)を振舞いました。
観光客他、大勢の人が見に来てくれました。
闇夜に輝くアイスキャンドルと氷柱です
 夜の闇に浮かび上がった、キャンドルと氷柱は、とっても感動的できれいでした。
大勢の人が集まりました
最後にキャンドルのロウソクを拾って、キャンドルを隅寄せて終わりました。
 アイスキャンドル作りから、冷凍庫を貸せてくれた人他、協力してくれた多くの人に感謝です。
フキノトウとフクジュソウ見つけました。
 【フキノトウとフクジュソウ】両方とも、春を告げる?山菜と花です。
今年初めてで、さらに今までで一番早く見つけたフキノトウです
フキノトウは昨年より2~3日早く見つけました。
 今までのうちで一番早いです。
何だか嬉しいです。
 近所お庭で見つけたフクジュソウです
我が家のウェルシュコーギーと散歩がてら外に出ると、近所の庭にフクジュソウ、山畑へ行く途中で、フキノトウがかわいい頭を出しているのを、見つけました。
 立春も過ぎて、日中は風が少し優しくなりました。
もう春が近くまで来ているんですね~。
冬も元気な小鳥たち
 我が家のウェルシュコーギーと散歩がてら外に出ると、冬だというのに元気な小鳥たちを見つけます。冬でも元気な小鳥たち

秋宮の裏側の道沿いの木に、20羽ほどの小鳥が枝に止まって、ピッピ、チッチ、と鳴いているのをよく見かけます。
 そっと近ずくと、夏よりも丸々している感じ? 
心配だった小諸のカモは、陰性で良かったです。
 諏訪湖へまた白鳥も見に行こうと思います。
天気が良くて気持ちの良い日でした。
2月5日の女将の会のアイスキャンドルの準備をして、そのあと遷座祭の行列を見ました
 2月5日に「アイスキャンドル2011~みんなで灯そう! 故郷に夢と希望の灯りを」で女将の会は今年は中山道と甲州街道の合流の地で、神楽殿、灯篭、寝入りの杉をイメージした地上絵を描きます。
 大きな冷凍庫に預けてあった、約000個のアイスキャンドルを、女将の会のメンバー12~13人で、湯を入れて缶を抜き、牛乳パックにカッターで、切れ目を入れて、また冷凍庫へ入れました。
 当日、女将の会は福茶、綿の湯界隈会は、大豆入り豚汁を振舞います。
その後、遷座の行列を見に行きました。
 中山道八十二銀行付近の行列
今回は中山道の82銀行の交差点で、行列が来るのを待ちました。なぎがま

毎年見ているという女の人がいました。
 パンパンという花火の合図の後、行列が見えてきました。
それから、下馬橋の所へ移動して、行列を待ちました。下馬橋の横の道を通る行列

 御霊代だけが下馬橋を渡り、それ以外の行列の人たちは、道を通ります。下馬橋の上を通った御霊代です

御霊代が下馬橋を通る写真が撮れて良かったです。
 お天気が良くて良い日でした。

 
copyright © 2005 うらかめやブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ.