FC2ブログ
 
 
料金と予約 ネット予約特典 館内案内 展望露天風呂 アクセス 観光案内 ウェディング
うらかめやブログ
赤い橋のうらかめやからの新着情報
Calendar

<02 | 2010/03 | 04>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

ブログ内検索

当館の玄関に、御柱大祭小湯ノ上町内打ち綱山出し用が、飾ってあります。
当館の玄関に飾られている、「下社秋宮一の御柱山出し用」の曳き綱です。とても立派で高さが1メートル40センチくらいあります。
ごへいとへび口、房です。下社秋宮一の御柱の山出し用に作られたのでとても立派です。
この諏訪大社下社御柱祭、山出し用曳き綱は、3月7日に作られて、14日から当館で預かっているものです。
 この綱は4月9日から11日までの、下社山出し秋一の曳行に使われるまで、当館玄関に飾られています。
へび口に少し赤くした部分があり、房はきれいに整えて作られていて、シンプルで美しい綱です。
 御柱8本は出発の棚木場にて、引き出しの神事、木やり「村々の若い衆力を合わせて頼む、山の神これから曳きだしまするで、途中無事にて頼むョーイサ」等やラッパ等の合図や励ましで曳き始めて、動いたり止まったりを繰り返しながら木落とし坂まで曳き、ここで木落とし(山出し最大の見せ場、華やかに巧みに!天空のロマン!!を演出します)です。 
 男綱女綱が、きれいに木落とし坂の下方に向かって置かれ、ラッパや木やりの合図で、追い掛け綱係が追いかけ綱を切ると、御柱は華のり(御柱の一番先っぽへ乗る人)他勇気ある男たちを乗せて、一気に急坂を下りおります。
 断崖80メートル決死の舞踏会です。
そして注連掛け(しめかけ)まで曳きつけられます。
 そこで神事と山の神様を返す時の木やり「頼みし、山の神様元の社へお帰りヨーイサ」で曳き綱を外し、山出しが終了になります。
 七年に一度の御柱祭まで、あと10日程です。
スポンサーサイト



福寿草 が満開です。
福寿草が、満開で、花の中のミツバチもせっせと仕事をしていました。
当館駐車場のスイセンが満開です。
 何日かぶりに、我が家のコーギーと散歩がてら外を歩くと、福寿草が満開で、華やかです。
ハチも飛んできていました。
 スイセンも満開、梅の花も咲き始めて、花の季節が始まった感じです。
そして桜の花が待たれます。
 来月諏訪大社上社御柱の、山出しが過ぎて少ししたころから、高遠の桜が咲き始め、4月の第三週過ぎごろまでが見ごろ、そして高遠の桜に続いて下諏訪町水月園の桜が、見ごろになります。
 日本人の心の花?桜!!本当に楽しみです。
下諏訪町来迎寺の、涅槃絵を見に行きました。
来迎寺の入り口です。来迎寺は、浄土宗のお寺で銕焼地蔵尊が有名です。当館に、銕焼地蔵尊とかねの絵本があります。(300円)
来迎寺に所管されているねはん絵です。これは、毎年3月15日に公開されます。来迎寺の行事の連絡の看板に書いてありました。全国の浄土宗のお寺にもあるそうです。鳥や犬、生き物が描かれています。

 3月15日から数日経ったある夜、夜9時近くに来迎寺が明るいので、息子と行ってみると、それは会合のためだったんですが、息子が涅槃絵を見せてほしいとお願いすると、ご住職様は快く本堂の明りを付けて、見せてくださいました。
 3月15日は、お釈迦さまがお亡くなりになった日とのことで、涅槃絵は国中のお寺にあるようですが、来迎寺の涅槃絵は大きくて立派で、思わずすごいと言って、見入ってしまいました。
 お釈迦様の周りに人がいっぱいいて、さらに、犬や鳥や生き物が、いっぱい描かれています。
私はずっと仏様と神様を信仰して来た?ので、何だかとっても安らぎや温かさを感じました。
天下一の、コヒカン桜が咲き誇る高遠城址へ【お花見号】でどうぞ
お花見号のチラシです。4月10日頃から4月16日ごろまで見ごろです。
高遠城址の桜です。お城跡にたくさんの桜が植えられています。お城跡をめぐりながら桜が楽しめます。
 高遠城址へお花見号でお出かけになりませんか?(要予約)
 諏訪大社秋宮近くの諏訪湖オルゴール博物館 奏眀館前からバスが出ます。
運行期間は、4月9日(金)から4月18日(日)までで、料金はおとな往復2700円、子供1500円です。
 今年の高遠の桜の予想は4月7日ごろ開花、見ごろは10日から16日ごろまでです。
コヒカンサクラは、ソメイヨシノより、ピンク色が濃く、時期になると高遠城址一帯が、このピンクでいっぱいになります。
当館で御柱祭(おんばしらさい)下社秋宮一の、山出しに使う曳き綱を預かりました。
まるで龍のような御柱の曳き綱です。下社秋宮の秋一に使われます。
蛇口です。どこに使われるかは、わかりませんが、これが、綱のつなぎになります。
綱の中に枠を入れて大きさと長さを調節して、形作っていきます。
一番尻尾の房です。これがあると、完成した後とてもよい飾りになります。
小湯の上の皆さんに綱を飾り付けていただきました。皆さん和気あいあいと楽しそうにやられていました。
 当館で諏訪大社下社御柱祭、【秋宮一(下社の中では、一番太くて大きい柱)の山出し】に使う曳き綱を預かることになっていたので、3月14日に運び込まれました。
 小湯の上祭典委員長他大人や子供、50~60の人が、直径20センチ以上もありそうな綱を、皆で持って玄関から入ってくるさまは、あたかも龍(りゅう)?のようでした。
 本来なら綱打ちが終わって、その日のうちに持ち込むのですが、今年は当日雪降りで縄が湿ったので、一週間集会所で乾かしてきたようです。
 続いて当館の安置場所へ、上の方へぐるぐる巻きながら、一段ごとに3か所細い縄で縛って、崩れたりずれたりしないようにして、だんだんに巻きあげて行きました。
 やり方を良く知っている長の人の指示で、皆が見つめる中、数人でつくりあげいきました。
そしてへび口と房を一番上に見せてきれいに飾り、メンバーの人の【木やり】で無事終了しました。
 皆和気あいあいとして、そして笑顔でした。
終わった後、振る舞い酒を皆さんでのんでいただきました。

当館はおやど(ご休憩用)にご利用いただけますのでご相談ください。
また下社山出し木落としの、【観覧席券付きのご宿泊】のご予約もお受けしています。
青いはっぴは、下諏訪若連のはっぴです。
この間の紅梅は満開になっていました。
 久しぶりに我が家のウェルシュコーギーと散歩に出ると、この間の紅梅が満開になっていました。
実は付かない木ということですが、いまあまり樹木の花が無い時期に、遠くからも見えて、本当にきれいです。
 スイセン、クロッカス、タンポポ、福寿草等があちこちで咲いて、ちょっとずつ賑やかくなってきました。
これから梅や桃の花、そして桜の花が咲いて、散歩に良い季節になります。
御柱山出しの秋宮一と、秋宮三の曳綱(ひきづな)の、綱打(つなうち)がありまいた。
綱を下のほうまで延ばしています。
大人も子供も並んで綱を持っています。
この日は、雨で綱が汚れないようにシートを敷いています。
へび口を作っています。へび口は、綱の元のほうです。
槌で打って、綱を締めていきます。
綱の元ができたので、トラックにつないで固定します。
鉄の棒を二人で持ってぐるぐる回します。
直径20センチくらいの綱が、小湯の上のみなさんの手でどんどん打たれていきます。
3月7日に雪が降る中、下諏訪町小湯の上、横町、木の下の祭典委員会の人たちによって、御柱山出しの秋宮一と、秋宮三の曳綱の綱打ち(この地区に伝わる独特の方法で、へび口を作り、綱をよる)がありました。
大人や子供約100人の人が、小湯ノ上集会所(こゆのうえしゅうかいじじょ)に集まって、みんなで力を合わせて綱をよりました。
 72本の玉縄をより合わせて、まずへび口(柱と綱をつなぐところ)ができてその後、直径20センチ、長さ約30メートルに仕上げました。
 重さは300キロ程です。 
その間ずっと雪が降っていましたが、子供も大人も男の人も女の人も、祭典委員会の人の指示に従って、立派な曳き綱を作りました。
  綱が、汚れないように下にシートを敷いていました。

御柱のご宿泊をされるお客様用に、当館では、下社山出しの木落としの観覧席券をご用意しております。どうぞご相談ください。
スイセンの黄色いつぼみ、レンギョウの花、プランターのフキノトウを見つけました
 数日前に雪が降り、寒かったんですが、今日はぽかぽか暖かい陽気なので、ウェルシュコーギーのハナと散歩がてら、裏山の土手に行きました。
 途中民家の玄関先に、黄色いレンギョウの花が咲いていて、小さい花がいっぱい枝に付いていました。
フキノトは土手にいっぱい出ていて、天ぷら用?(ちょうど良い大きさ)や、フキミソ用?(少し伸びている)のがありました。
 もう3月も中旬ですから、ちょっと伸びすぎも当たり前の時期です。
またフキノトウの近くに黄色の蕾で、今にも咲きそうなスイセンの花も見つけました。
 心がなごみます。
家に戻って庭の隅にあるプランターをのぞくと、去年植えたフキノトウが1つ、可愛い芽を出していました。
 嬉しくなりました。
もう春なんですね~。
諏訪大社下社御柱(おんばしら) 山出しあの感動と興奮をもう一度
 秋1234、春1234、8本の御柱です。
秋宮1の御柱です。周囲が、3メートルくらいです。秋宮1くらいの御柱が、育つには150年くらいかかります。
棚木場にある石碑です。御柱の里と書かれています。
東俣川の清流です。気持のいい風が、あたりを包んでいます。
こちらも、東俣川です。この川は、下諏訪の砥川に流れ込み、春宮の脇を通っています。
木落とし坂にある石碑です。この後ろの松は、昔、木落としの時に、御柱と松を綱でつなぎ(追いかけ綱)、木が落ちる際に綱が切られました。松が、痛むため今は、鉄注に変わりました。
木落とし坂の全景です。木落としの時には、人があふれんばかりに木落としの様子を見ます。
平成10年の御柱木落としの様子です。
棚木場に安置してある8本の御柱を見に行きました。 
しめ縄で囲われて大切に保管されています。
諏訪大社下社おんばしらの山出しは、4月、9、10、11日の3日間で、棚木場に安置されているおんばしら(モミの木)を曳き出すところから始まります。
 大勢の氏子たち等によって曳かれ、ラッパやきやりに励まされて、萩倉地区を通って、木落とし坂にさしかかり、ここで木落としが行われます。
 重さ約7、5トンの巨木が、斜度35度程の急坂を勇壮に落下します。
木落としの前のセレモニーでは、(今までには多数の、ジャンボクラッカーや風船、発煙筒等や)ラッパ、きやり等で盛り上げて、一気に落としました。
「華やかに 巧みに....」
観覧席券があると、この木落としの様子を目の前で見ることができます。
 また歩くのに自信がある人は、その上まで行けば棚木場の出発の神事や、御柱曳き出しのきやり唄 ≪ 奥山の大木 里に下りて神となるヨイサ ♪≫等のセレモニーがあります。
また御柱を動かす、元綱衆(もとずなしゅう)梃子衆(てこしゅう)追掛け衆(おいかけしゅう)曳子(ひきこ)等の様子が見れますし、小綱を持って曳けるかも?
【下社おんばしら山出しの、あの感動と興奮をもう一度】



城山トレッキング
大岩不動尊の入口です。来迎寺の隣にあります。
いよいよ登っていきます。ここは、山伏の修業の場でここで、山に入ることのお願いをしたのでしょう。
神社があり中には、不動明王が、祀られています。
登り始めたのにもう下を見てしまいました。
いよいよ山に入り始めます。
駒王坂を登ります。
開けた所もあり整備されています。日が当たり気持ちよく登っていきます。
木漏れ日の中進んでいきます。
摩利支天の石碑です。昔は、摩利支天が、ここに来たのかなあと思っていましたが、山伏の修行のためなんですね。
金刺盛久の歌です。情緒があります。
所々にある木の椅子で一休み、諏訪盆地一帯を望めます。
宗良親王の歌です。もちろん横に碑があります。
山の中腹に到着しました。
一念坂、桜の城址、駒王坂の案内板です。
金刺盛久の歌です。山を登りながら一息して歌を読むと気持ちがなごみます。
ブナ科のみずならだそうです。
一念石の説明です。金刺盛澄のエピソードがつづられています。
いよいよ頂上です。青空が広がって来ました。
と思ったらこの状態でした。本当なら、桜の城址から見える諏訪盆地を写そうと思っていました。
我が家のウェルシュコーギーと城山トレッキングに行きました。
大岩不動尊から入り、(ここは、お不動様と呼ばれ地元から親しまれています。)山道を登っていきます。
神社があり、不動明王や、摩利支天の石碑などが、祀られています。
その後、中腹へ行くと、桜の城の武器庫の再現がありました。
そこには、駒王丸(幼少の源義仲)が、幼少時代を過ごしたエピソードが、書かれていました。
次にあったのは、小林一茶の碑があって、宗良親王の碑があって、次に金刺盛久の碑があって、一念坂の碑があって、すべてに分かりやすい解説が、書いてありました。
その後、城山の頂上につきましたら、なぜか入れず、そこには、風林火山の旗が立っていました。
盛りあがって気持ちよく頂上で一服しようと思っていたら、つまらない状態でした。
この城は、武田信玄とは、関係のない所です。
歴史を知らない無知さに憤りを感じながら、帰って来ました。
武田信玄は、諏訪を制圧しましたが、諏訪の豪族に任せて深入りはしておらず、地元の人も諏訪の大祝(おおほうり)金刺家の居城と認識しております。
大河ドラマは、いいですが、歴史誤認は、許されません。
桜の城址とゆうのですから、桜を植えればいいんじゃないかと思いました。
本当は、とても気持ちのいい陽気の下、気持ちよくトレッキングを楽しみたかったのに最後にあまり下諏訪に関係のないものがあり、残念でした。
大河ドラマっていつの話だったかなあと思いました。このことはともかく、トレッキングは本当に楽しかったです。出来れば諏訪盆地を一望する景色を、写真に撮りたかったのですが.....
きれいに開いた紅梅の花とボケのつぼみを見つけました。
 犬の散歩がてら外に出ると、濃いピンクの梅の花が咲いていました。
そこの家の人の話ですと、それは紅梅で(私もそうじゃないかと思いましたが)梅の実は付かず観賞用とのことです。紅梅の写真を撮っていたら、大事にしているというクンシ蘭を、家の中まで招き入れて見せてくれました。
 丹精込めたクンシ蘭が、幾鉢も見事に咲いていました。
またボケの膨らみかけたつぼみも見つけました。
 もうちょっとで開きます。
こういう花などを見ると心がなごみます。
 気の早い春はもう来ているんですね~ もう3月ですもの。

下諏訪宿場町界隈ひな祭りを、3月14日までやっています。
フロントの脇でお客様をお迎えします。
当館の玄関に飾ってある、7段飾りのひな人形です。
 綿の湯界隈会の主催で、下野諏訪宿場町界隈ひな祭りを、3月14日までやっています。
5軒の旅館と10カ所の、せんべい屋や博物館、美術館、喫茶店、おやきや等が、特別割引や特別プレゼントをしています。
b当うらかめやでは、ひな祭り企画として、【4000円以上のお料理を10パーセント割引き、(要ご予約の時にお申し出、他のサービス券とは併用不可)】。
 そして【昔なつかしいはりはり鍋と、春のお料理と日本酒を楽しむを、お一人5000円】をやっています。
また中仙道の道沿いの民家の軒先や、旅館内等に小石のお雛様(綿の湯界隈会のメンバーの手作り、石を探す所から?)を飾って、ほのぼのとした雰囲気をかもし出しています。
 小石のおひな様は、界隈会のメンバーの力作?で、可愛らしいおひなさまです。

 
copyright © 2005 うらかめやブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ.