FC2ブログ
 
 
料金と予約 ネット予約特典 館内案内 展望露天風呂 アクセス 観光案内 ウェディング
うらかめやブログ
赤い橋のうらかめやからの新着情報
Calendar

<05 | 2009/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

またホタル童謡公園へホタルを見に行きました。
 6月28日の夜(ほたる祭りが終わった次の日)9時半頃着きましたが、前回より人が大勢見に来ていました。
 「ホタルの宿は川端やなぎ」と歌がありますが、今日は前回見たデッキの反対側の、川端の土手に沢山集まっていました。
 そんなホタルを見ていると、「ここが一番いいね」、「まずい、見ていると飽きない」、「かわいいね」、「飛んでる飛んでる」等いろんな声が聞こえてきました。
 相変わらずアマチュアカメラマンもいっぱいでした。
駐車場には、県外者の車もありました。
 ホタル見物がこんなに人気があるんですから、ホタルバスが6月末まで、運行されるといいなあと思いました。
 ホタルを見るのに夢中で、浴衣のかわいいい女の子の、写真を撮るのを忘れてしまいました。
本格的な夏の訪れを告げるこのホタル、今年も本当に素晴らしいです。
スポンサーサイト



ささやかな≪エコ≫のつもりで、七夕のお飾りを作って、中山道甲州道中合流の地付近へ飾りました。
 七夕の飾りです。
綿の湯界隈会が、6月28日~7月15日まで 『宿場町七夕祭りー星に願いをー』 と題してイベントをするので、6月27日の夜10時半ごろ、桔梗屋の両角さん2人と、旅館奴の太田さんと私とで、七夕飾りを、中山道甲州道中合流の地付近の、、辻や民家の軒先に飾りました。
 お飾りは、ささやかにも≪エコ≫のつもりで、ポテトチップスの袋、ペットボトルに付いているビニール、透明の書類入れに色をつけたものなど。
 綿の湯界隈会は女性の感性で、地域の活性化のために活動していますが、お飾りに使えそうな物を考え出すと、色々目につき始めるので不思議なものです。笹の木に飾ると、日の光にキラキラ光るのがあって、なかな良いです。
うらかめやの玄関前のアジサイの花が咲き始めました。
始めは、赤いアジサイでしたが、雨が降って紫アジサイになりました。
今年は、青いアジサイが咲いて嬉しいです。
 うらかめやの玄関前のアジサイが今年も咲き始めました。
ピンク系とブルー系の洋アジサイと、ブルー系のガクアジサイ等です。
毎年楽しみにしているこの花は、わりに華やかで、花の期間も長く良い花です。
 今年は植木屋さんが、上手に刈ってくれたせいか、あるいは気候のせいでしょうか?去年より花が沢山のような気がします。私はアジサイが好きで、他にも白い花や八重の花、山アジサイ等、別の処に植えてあります。
 八重のは昨年挿し木をしたのに、今年もう、つぼみを2つも付けています。
梅雨と言えば思い浮かぶこの花、なのに今年は梅雨でもよい天気の日が多いです。

我が家のウェルシュコーギーと、久しぶりに諏訪湖畔へ行きました。
2羽の小鳥が恋人か夫婦のように寄り添っています。
餌をついばんだ鳥です。ちょっと見つからないかもしれませんが、真ん中にいます。
諏訪湖畔は、整備されていて水辺まで行くことができます。お父さんが、子供さんを見守っています。夏になると花火をやっている親子連れが良く見受けられます。
 下諏訪町の諏訪湖畔にあるみずべ公園で、コーギー達を遊ばせました。
鳥の声がしたのでそっちの方を見ると、2羽の鳥が、恋人同士かあるいは夫婦でしょうか?木の枝に止まってさいずりあっていました。
 モンシロチョウがとんでいました。
2匹のコーギーは公園内のクローバー(しろつめぐさ)の上を喜んで爆走していました。
 あんまり嬉しそうなので、また連れて来ようと思いました。
諏訪湖畔には、石を投げて遊ぶ小さい子を見守るお父さんらしき人、のどかでほほえましい光景です。
 水辺では小鳥が、チョコチョコ歩いて、」何か虫でもも見つけたのか、口にくわえていました。
何のへんてつも無いこれらの光景に、なぜかふしぎと癒されるものです。 



ウェルシュコーギーと外を歩くと、色んな可愛い花に出会います。
 青いツユクサです。きれいな松葉菊です。神棚に上げる榊の花です。とても珍しいと思います。ほうずきの花です。これも珍しいと思います。

我が家のウェルシュコーギーと、家の近くを歩いて、色んな可愛い花を見つけました。
青いツユクサ、ミニトマトの黄色い花、ドクダミの白い花、ピンクの松葉菊、榊(サカキ)の白い花、ホウズキの白い花等、いずれも小さくて可憐な花ばかりです。
 特にサカキの花は、諏訪大社秋宮の社務所の近くにあるのに、初めて見るような気がします。今の季節は、その他にも花がいっぱいで、鳥の声も聞こえて、良い時期です。
2000匹のホタルを見に行きました。
 草むらの中に入るホタルです。飛んでいるホタルです。ゆらりゆらりときれいでした。帰り際に撮ったものです。中央の草むらに集まっていました。


6月14日、辰野町のホームページで、2000匹位のホタルが出ているとあったので、さっそく夜の8時半ごろ見にでかけました。
 いました。いました。
 たくさんのホタルでした。
空には星、草むらにも降ってきた星がいっぱいあるみたい。
 あるいは、ダイアモンドを散りばめた様な感じでした。
たくさんのホタルが、キラキラと輝いて、白い光をチカチカ放っていました。
 本当にきれいでした。
気温があまり高くないので、飛んでいるのは少なかったですが、それでもアマチュアカメラマンが、大勢写真を撮っていました。
 また是非見に行きたいと思いました。
ウェルシュコーギーと外へ散歩に出るといろんな生き物に出会います。
 田んぼのオタマジャクシです。すいすいと泳ぎます。電線に留まったツバメです。今は、繁殖期で、家の軒下に巣を作っています。

今日はウェルシュコーギーと諏訪大社秋宮の上の方、武居の田んぼで、オタマジャクシを見つけました。
 オタマジャクシはカエルの子、ナマズの孫ではないんだけれど、泳ぐのがとっても早いんです。(歌の一節です。)
帰り道では、電線に止まっているツバメを見つけました。
 あおあおとした早苗の間を、くぐるようにして泳ぐオタマジャクシや、木々の間を飛んでいる鳥たちと、梅雨入りの情報、もう初夏なんですね~。



ホタル観賞バス≪夜空の蛍火号≫が、特別6月13日~6月25日まで運行されます。
ホタルの季節が近づいてきました。
 ホタルの季節が近づきました。
6月13日から、6月25日まで諏訪大社秋宮のところから辰野のほたる童謡公園まで、ホタル観賞バスに乗れます。
 料金は往復で大人1500円、子供700円です。(童謡公園の入場料を含みます)。
満席になることもあるので、お決まりになり次第、バスのご予約をお勧めします。
また辰野ほたる祭りは6月20日~6月28日までさまざまなイベントが予定されていて、そちらの方も楽しそうです。
 一昨年、昨年はホタルはたくさん発生して、5000匹を超えた日もありました。
また7月になっても結構出ていましたので、今年もバスの運行期間が過ぎてもご自分の車で行けばご覧になれます。
 幻想的なホタルの舞を是非ご覧ください。
諏訪大社下社大祝(おおほうり)の金刺盛澄の拠点の城、桜城址へ行きました。
城山から見た下諏訪と諏訪湖です。
葉に留まるチョウです。このような風景が見られます。
雀が水たまりで水浴びをしていました。近づくとすぐに逃げてしまいました。
 我が家のウェルシュコーギーと散歩がてら、桜城址へ行きました。
5月6月、は鳥の繁殖期のようで、ホーホケキョ、ピピピ、チチ、とあちこちから聞こえていました。
 城址からは眼下に下諏訪の町並みや諏訪湖が見えて、とてもながめが良いです。
ジャーマンアイリスや、ポピーやがたくさん咲いていました。
 途中でチョウチョ?や小鳥が、水浴び?をしているのを見つけました。
自然の素晴らしさを感じます。

 
copyright © 2005 うらかめやブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ.