FC2ブログ
 
 
料金と予約 ネット予約特典 館内案内 展望露天風呂 アクセス 観光案内 ウェディング
うらかめやブログ
赤い橋のうらかめやからの新着情報
Calendar

<03 | 2009/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

ブログ内検索

諏訪大社秋宮の【秋一】と【秋四】の御柱を見ました。
諏訪大社秋宮一の御柱です。四本の御柱の中で一番大きいものです。
諏訪大社秋宮四の御柱です。柵の奥に見えます。
 諏訪大社秋宮に立っている、【秋一】と【秋四】の御柱を見ました。
秋一、秋二は左右片拝殿の前、すぐ見える処に立っているので、目に付きやすいのですが、秋三、秋四は奥にあります。
 私も秋四は、久しぶりにに見ました。
秋一より細めですが、天に向ってりりしく立っています。
 5月3日には下社の御柱の伐採(ばっさい)で、いよいよ御柱が始動し始めます。
スポンサーサイト



すぐ外のかりんの花と、花水木の花が咲き初めました。
当館の前の花ミズキが咲きました。ゴールデンウィークまではもちそうです。
小さな花梨の花が咲きました。
 当館のすぐ外に植えてあるかりんの花が咲き始めました。
ピンク色の可愛らしい花です。
 昨年は黄色い実が1つなりました。
今年はいくつ実がなるか楽しみです。
 また黄色の花水木も咲き始めました。
こちらは約20年、うらかめやをずっと見守ってきてくれた、大きな木です。
 毎年春には満開の花をつけて、皆を楽しませてくれています。
私は毎年この花を 「ありがとう」 と見つめます。
信州下諏訪町の、諏訪大社秋宮の、子安社へ参拝して狛犬を見てきました。
諏訪大社秋宮にある子安社です。縁結びと安産の神様です。
諏訪大社秋宮にある狛犬です。青銅製の狛犬では、日本一です。
 諏訪大社秋宮の子安社は、縁結びと安産の神様で,昨年何回か参拝しましたが、ご利益がありそうです。
建御名方神(たけみなかたのかみ)のお母様を祭ってあります。
 底がぬけたひしゃくを奉り、水がつかえず出るように、お産もかるくと安産を願うものです。
また神楽殿前の狛犬は、原村出身の彫刻家清水多嘉示の制作。
 体長1メートル70センチ、青銅製では日本一と言われています。
大きな狛犬2頭が向かい合って、神楽殿を守るように置かれています。
狛犬は、黒部ダム貫徹祈願と佐久間ダム完成お礼で、昭和35年ごろ、間組神部社長が、奉納しました。
この間松ぼっくりを拾った白松の木をまた見に行きました。
 白松の説明書きです。この木が、秋宮天覧の白松の子供です。白松の葉っぱと種です。
この間松ぼっくりを拾った白松の木をまた見に行きました。 
良く見ると「白松」 ≪秋宮の展覧の松の実生≫ と書いてありました。
 秋宮のあの大きな白松の子供だったんですねー。
松の葉もよく見ると、やはりつややかな三葉、本物です。 
 幹も秋宮の白松にそっくり、うちの種も、早く芽が出るといいなあと思います。
信州下諏訪町慈雲寺のしだれ桜を見にいきました。
慈雲寺の入り口です。
鐘楼近くにひっそり咲くしだれ桜です。
慈雲寺奥にあるしだれ桜です。
臨済宗の名刹(めいさつ)として知られる慈雲寺のしだれ桜を見に行きました。
 濃いめのピンクの桜の花は、満開で、とてもきれいでした。
慈雲寺は開山には、一寧一山国師(のちに鎌倉の建長寺や円覚寺の住職になった)が迎えられました 。
 一山は開山の時だけでしたが、その後をついだ、石梁和尚も元から渡ってきた高僧です。
寺のあちこちにある満開のしだれ桜とともに、天桂和尚のお手植えのみごとな赤松がいっぱいに枝を拡げていました。
 樹齢は400年を超えるそうです。
四方に広がる枝ぶりが素晴らしいです。
 立派な歴史を持つこのお寺。
そのころを思いながら見てきました。
 来年もこのしだれ桜を見に来たいと思いました。
信州下諏訪水月園へ行く途中の花見新道の桜が満開です。
桜で覆われたトンネルです。
桜の脇にスイセンが咲いています。
満開の桜の枝先です。
 我が家のウェルシュコーギーと、散歩がてら水月園へ行く途中の、花見新道へ行くと、桜とスイセンが満開でした。
 これらが、花見新道沿いにずっと続いていて、薄ピンクと黄色のコントラストが素敵です。
 桜はほとんどが、ソメイヨシノです。
道の両側に桜の木があり、トンネルになっている所があって、きれいです。
 桜の花をこんなに真近に見れました。
枝が花の重みで垂れ下がっていました。
 今年は例年より一週間程、開花が早いようです。
【三葉の白松】の 松ぼっくり を拾いました。
諏訪大社にある三葉の白松です。ここでは、なかなか見つかりませんでした。
三葉の白松の松ぼっくりです。種らしきものが入っていました。
 我が家のウェルシュコーギーと散歩をしている途中で、三葉の白松の 松ぼっくり を拾いました。
家に帰って松ぼっくりを壊してみると、何と種が入っているではありませんか。
 諏訪大社秋宮にある白松と、全く同じ種類で、この木の方がまだあまり大きくなく、ということは若い木です。
 以前からこの種が欲しいと、松ぼっくりを探していたんですが、なかなか見つかりませんでしたので、嬉しくなって、さっそく植木鉢に種をまきました。
 一本でも、可愛い芽が出ることを夢見て。
下諏訪町にある樹齢およそ300年の【武居桜】を見に行きました。
 武井桜です。武井桜です。武井桜です。


我が家のウェルシュコーギーと下諏訪町武居にある【武居桜】を見に行きました。
この桜は下諏訪町の文化財で、天然記念物です。
 樹齢およそ300年で、目通り(めどうり)130cm、目通りは直径のことですので、太くて立派な古木です。
 種類はエドヒガン桜です。
きわめて稀(まれ)なもので、花は格別美しいピンクです。
 見事な枝ぶりの古木が、満開の花を付けていました。
今まで通りががりには見ましたが、わざわざ見に行ったのは初めてで、その素晴らしさには驚きました。
 また来年も見たいと思いました。
信州高遠城址公園の桜が咲き始めました。
高遠城址公園の地図です。お城の跡なので広いです。
とてもきれいに咲いています。幻想的な風景です。
 高遠の桜が咲き始めました。
信州高遠のコヒカンサクラは、ソメイヨシノ等に比べてピンク色が濃く、「天下一の桜」と称され、勇名をはせます。
 千五百本の桜樹の爛漫(らんまん)さは素晴らしいです。
露天商も出ますし、また夜桜も良いです。
 私も何回か見ましたが、何回見ても良いですしまた見たいです。
諏訪大社秋宮でコーギーちゃん三人(三匹)に会いました。
お母さんと娘さん2匹です。かわいいですね。
 我が家のウェルシュコーギーと、諏訪大社秋宮へ散歩がてら参拝に行くと、何とコーギーちゃんが3人(3匹)、弊拝殿の前にいるではありませんか。
 6才のお母さんと2才の女の子ちゃん2匹とのこと。
いずれも美人?で、お揃いの赤いお洋服を着ていました。
 そしてお行儀のよいこと。
うちのはなちゃんは吠えたのに、あちらは少し吠えただけ。
 写真を撮らせて下さいと言うと、仲良く並んでくれました。
お利口なお母さんと(お母さんが3匹の、ナンバー1とのこと)、おとなしくてお利口な2人(2匹)?のお嬢さん。
 飼っている方が良く面倒を見て、可愛がっている様子が分かりました。
また会いたいです。
信州下諏訪町の道路の案内板と周辺マップ
下諏訪の案内図です。奥に見えるお社が諏訪大社です。
中山道にある諏訪大社の案内標識です。
諏訪大社近辺にある案内標識です。
 我が家のウェルシュコーギーと散歩をすると、あちこちに写真のような案内板があり、旅人や散歩をする人の、役に立っています。
 また大きな周辺マップが、諏訪大社秋宮の鳥居前には、以前からあったのですが、春宮の所にも設置されて、このあたり一帯が分かり易くなっています。
 絵入りで、楽しいマップです。
下諏訪町は、中山道甲州街道の信州下諏訪宿の頃からや、さらにそれよりも、もっともっと古くからの名所旧跡が、いっぱい詰まっている所です。

 
copyright © 2005 うらかめやブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ.