FC2ブログ
 
 
料金と予約 ネット予約特典 館内案内 展望露天風呂 アクセス 観光案内 ウェディング
うらかめやブログ
赤い橋のうらかめやからの新着情報
Calendar

<11 | 2008/12 | 01>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

ブログ内検索

諏訪大社秋宮の近くは、新年を迎える準備が随分進んでいます。
秋宮周辺の商店は、年末を迎え、新年の準備に勤しんでおります。
諏訪大社周辺に屋台が準備中です。
 諏訪大社秋宮の近くは新年を迎える準備が随分進んでいます。
 から揚げ屋やクレ-プやや、バーガーややおもちゃ屋の屋台も、明日にはシートがはずされて、2年参りや初詣客を迎えます。
 周辺のお店も門松他で店先が飾られて、新しい年を待っています。
明日から1月7日過ぎまでずっと、この界隈は大勢の参拝の人で賑わいます。
スポンサーサイト



うちの近所も新年を迎える準備が始まっています。
児湯の前に手作りの門松が飾られています。
 うちの前の外湯【、遊泉ハウス児湯】の入口に、門松が飾られました。これは役員の人たちの手作りで、なかなか立派です。毎年自分たちで手作りをしているようです。
ウェルシュコーギーと散歩がてら諏訪大社秋宮へ行きました。
諏訪大社前です。  諏訪大社秋宮鳥居前です。

諏訪大社秋宮へ行く途中の大社通りは、片側が4メートル位の歩道が出来て歩きやすく、また、秋宮には平日なのに、けっこう参拝の人が来ていました。
 鳥居のすぐ近くに、そば屋や、喫茶店、アイスクリーム屋さんなどが幾軒かあって、昼食を食べたり、お茶を飲んでちょっと休憩もできます。
 お土産やもあまからの手焼きせんべい屋さんや、前からあるせんべい屋さん、羊羹屋さん、お土産屋さん等、ずいぶん充実してきています。
諏訪大社秋宮の【神楽殿】で、お宮参りの御祈祷(ごきとう)をしていました。
諏訪大社秋宮の神楽殿です。
お宮参りの様子です。
 我が家のウエルシュコーギーと、諏訪大社秋宮へ散歩に行くと、神楽殿で御祈祷が聞こえていて、中に赤ちゃんを連れた、家族連れが見えました。
 ちょうどお昼頃なので3~4組の、御宮参りに来ている御家族を見かけました。みんな幸せそうな笑顔、笑顔。
 お天気がとっても良くて、お宮参り日和でした。
【アールヌーボー】のガラス器の、【北沢美術館】へ行って来ました。
石楠花文ランプ エミールガレ作
笹にすずめ文花瓶 エミールガレ作
カモメに帆船文花瓶 ドーム作
フランスのバラ エミールガレ作
貝と水草文花器 エミールガレ作
 車で10分位の所にある、【北沢美術館】へ行って来ました。
ここにはフランスの近代ガラス工芸の、【アールヌーボー】のガラス器が多数展示してあります。
 アールヌーボーのガラス工芸の特徴は、自然界の動植物を装飾モチーフに採用しているところで、草花にしても昆虫にしても、生きている様子そのままに、花瓶やランプを飾っています。100年前に開花した近代ガラス産業の精華です。
 蜻蛉(とんぼ)、カマキリ、蝶(ちょう)、鷹(たか)、すずめ、貝と水草、蝉(せみ)、蘭の花、魚、水仙、蝶と草花、蜉蝣(かげろう)、クラゲ、クロッカス、カモメに帆船、風景、大麦、矢車草、松、石楠花(しゃくなげ)、等々。
 実に繊細で自然な色と線で、まるで日本画を見ているような素晴らしさです。
諏訪湖畔へまた白鳥を見に行って来ました。
ご家族で餌をまきに来てました。けっこうひょうきんな顔をしています。
 買い物に出たついでに、白鳥がいる諏訪湖畔に寄ってみました。
今日は湖岸に降りて、白鳥たちの近くまで行ってみました。
 可愛い女の子と、そのお母さんらしい人が、鳥たちに何かやると、さっと集まって来ました。白鳥は追いかけっこをしたり、くちばしでつつき合ったりして楽しそうでした。
 こんなに近くで見れるなんて、ちょっと嬉しくなりました。
諏訪湖へ白鳥が飛来しました。
諏訪湖に白鳥が舞い降りました。
 諏訪湖へ白鳥が来たと聞いたので見に入って来ました。
例年だと11月末には飛来するのに、今年はなかなか来なかったのは、暖かかったのと、その場所でしゅんせつ工事をしていたせいでしょうか?(実は、12月の初め頃見に行ったのに、来ていなかったのでそれから何回か、関係の方に問い合わせていたのです)
 家から車で10分位の諏訪湖畔へ見に行くと、いました いました。
5羽位が沢山のカモに交じって泳いだり、首を水に入れて魚をとっているんでしょうか。のんきにしていました。
土曜日なので子供達などけっこう大勢の人が見に来ていて、カメラを据えてシャッターチャンスを待っている人も幾人かいました。
 
車山高原スキー場のパンフレットがきました。
車山スキー場の案内図です。難しいコースからファミリーで楽しめるコースまで多彩です。
 車山高原スキー場は当館より車で1時間くらいの所にあります。
このスキー場は、標高1925メートルから、富士山、八ヶ岳、南アルプス、などが見え、横幅がゆったりしていて、晴天率80パーセントとコンデション良く、また初心者から、上級者まで楽しめるコースがあります。
 また子供さん向けの施設(託児所や無料休憩所)もあるようです。
今年のスキーは、信州諏訪へお出かけください。
野沢菜を漬けました。
野沢菜をたるに漬けました。
 数日前に干した野沢菜を洗って漬けました。
塩が銀色に輝いてきれいです。
 この辺では、野沢菜を【おはづけ】と呼びます。
これから毎日漬けたのをのぞいて、水が上がるのを待ちます。
 水が上がってこなければ、水を上げるための作業があります。
また上がってくれば、重石(おもし)を減らして軽くします。
 昔から続いてきた【おはづけ】の漬け方を、次の代にも伝えたいと思っています。
信州名物野沢菜(のざわな)を漬けるシーズンになりました。
漬ける前の野沢菜を干しています。
 信州名物野沢菜を漬けるのに、野沢菜を干しました。干すとしんなりして、洗いやすく漬けやすくなります。
 この光景、以前は11月中旬から、下旬のものでしたが、近年は陽気が暖かいので、11月末から、12月始めに、見られるようになりました。
 晩秋から初冬の風物詩です。
こうした野沢菜を各家庭で、思い思いの方法や味で漬けます。我が家は長いまま(長漬け)、塩と柿の皮の甘みのみで漬けますが、昨今は切りずけとして、醤油、酢、ざらめ他、生姜やタカノ爪等を入れて漬ける方法が流行っています。


 
copyright © 2005 うらかめやブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ.