FC2ブログ
 
 
料金と予約 ネット予約特典 館内案内 展望露天風呂 アクセス 観光案内 ウェディング
うらかめやブログ
赤い橋のうらかめやからの新着情報
Calendar

<09 | 2008/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

ブログ内検索

りんご狩りと諏訪湖の水鳥
諏訪湖の近くにあるリンゴ園のリンゴです。
諏訪湖にいた鴨です。30羽ほどいます。
 今りんご狩りが良いです。そして期間が11月7日まで延長になりました。
下諏訪赤砂先の小松農園は、諏訪郡でただ1箇所りんご狩りが出来る農園です。
 通常1人1500円ですが、下諏訪の旅館に泊まると800円で入園でき、おみやげにりんごが4ヶもらえます。(ネット入り)
 今楽しめるのは【陽光】で、11月になると【ふじ】が食べられます。
またりんご園から歩いて3分位で、諏訪湖畔に出ます。湖の岸近くには、カモ等の水鳥がけっこういて、その愛らしい姿を見ることが出来ます。
 水鳥達は岸に上がってよちよち歩いたり、休んだり、水に入ってスイスイ泳いだりしていて、のどかな光景です。
 カモの中には、首のまわりが、濃い緑のビロードのようなきれいな鳥もいました。
 餌をやる観光客の人もいるようです。
 
スポンサーサイト



菊の花が諏訪大社境内にたくさん飾ってあります。
当館から見える諏訪大社の森です。少しずつ紅葉していきます。
福助作りの菊の花です。
懸崖作りの菊の花です。
花壇作りの菊の花です。
我が家のウェルシュコーギーと諏訪大社秋宮へ行くと菊の花がたくさん飾られていました。
 懸崖作り、だるま作り、福助作り、花壇作り、盆栽作りなど、立派な花がきれいに咲いています。
観光客の人も大勢、その丹精込めて育てられた花を見ていました。この頃は、七五三の時期とも重なっていまして大社秋宮は、賑わっております。



諏訪湖へワカサギ釣りに行ってきました。
諏訪湖にボートを出して釣りをされています。秋晴れの空のもと楽しそうです。
ドーム船の中で釣りをしました。2年物の大公(大物)が釣れました。
下諏訪旅館組合のご厚意で、諏訪湖へワカサギ釣りに行って来ました。
 針は7つ、餌を付けて糸を垂らして、しばらくすると銀色に輝くワカサギが釣れてきました。
少し経つと型の大きな2年物のワカサギが釣れて嬉しかったです。顔見知りの人たちと一緒で、楽しいひと時でした。
 諏訪湖の方から湖岸を眺めると、木々のきれい紅葉や、生徒達のマラソンらしき様子を見ることが出来ました。ワカサギ釣りらしきボートも何隻か出ていました。
 湖面に日の光が輝いてきれいでした。
うらかめやのカリンの木が紅葉して、実がなりました。
当館の脇にあるカリンの木です。紅葉し始めました。
カリンの実がなりました。
うらかめやのカリンの木が紅葉しました。オレンジ色っぽくてきれいです。そしてカリンの実が1つだけついています。
 まだ木が小さいので、実がつくのは来年かと思っていたから、驚いています。写真のような実が1つ枝先にぶら下がっています。
 花が咲いた後、気が点くと小さな実が1つついていて、見るたびに少しづつ大きくなっていく様子を見るのが楽しみでした。
 来年はもう少し実が増えればいいなあと思います。
うらかめやのすぐ外で可愛いイナゴを見つけました。
いなごの写真です。
うらかめやのすぐ外の壁に、可愛いイナゴがいました。子供のイナゴでしょうか、小さかった。
 イナゴなんて何年ぶりに見るので珍しくて、家族に見せて写真に撮りました。そしてすぐに逃がしてやりました。
 ここにいるなら、万治の石仏の周りの田んぼや、御作田様の可愛い田んぼにもいるのではないかと思い、見に行きたくなりまいた。イナゴは本来田んぼにいるものと思っていましたから。
サンリツ服部美術館へ、サンリツ服部美術館の名筆≪仮名と墨蹟≫を見に行って来ました。
紀貫之の書です。
諏訪湖畔の紅葉です。少しですが始まりました。
諏訪湖畔には、たくさんのカリンが植えられています。

サンリツ服部美術館へ、サンリツ服部美術館の名筆≪仮名と墨蹟(かなとぼくせき)≫を見に行って来ました。当館から車で10分位です。
 伝紀貫之(きのつらゆき)筆の高野切(こうやぎれ)は平安時代(11世紀)のもので、雲母砂子(きらすなご)に書かれていて、端正な字形が引き立て会い、格調高いと解説にあったが、何回もその前に立って見てしまいました。
 禅僧の疎石梵埼(そせきぼんき)の墨蹟や、伝藤原行成筆のちらし書(平安時代)、伝聖武天皇筆(8世紀、奈良時代)の、賢愚因念経(けんぐいんねんきょう)の写経(しゃきょう)など、ちょっと行って来ようと出かけたのに、1時間半以上も見てしまい、感激して帰って来ました。
 諏訪湖の湖岸道路は、もう紅葉が始まっていて、木の下の方の葉っぱは緑、途中が黄色っぽく、上の方が赤のグラデーションがとってもきっれいでした。
 それにかりんの実がたわわになっていました。
ここにある沢山の≪仮名や墨蹟≫が書かれたそれぞれの時代も、秋には紅葉がきれいだったのだろうと想像して、奈良、平安、鎌倉時代、の立派な書がきれいに残されていて、すごいと思いました。
 この展覧会の開催期間は、前期が10月26日まで、後期が10月28日~12月2日までです。 
後期も出来たら行きたいと思っています。
≪ビーナスライン≫の紅葉がぼつぼつ始まっていました。
霧のかかっていた八島湿原です。
下諏訪町にあるいずみ湖の紅葉です。
下諏訪の、【いずみ湖】を通って、奥霧ヶ峰八島湿原の、シツゲンヤマウルシと、≪ビーナスライン≫の紅葉を見に行って来ました。いずみ湖付近の紅葉がきれいで驚きました。
 八島湿原では霧が出て、あいにくの天候でしたが、突然霧が晴れて、視界が明るくなり、景色が広がりました。バスが来ていて、観光客の人たちに会いました。
 そのあと霧ヶ峰、車山、白樺湖を通って、帰って来ました。白樺湖のアカシアが、黄色に色ずいてきれいでした。

 
copyright © 2005 うらかめやブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ.