FC2ブログ
 
 
料金と予約 ネット予約特典 館内案内 展望露天風呂 アクセス 観光案内 ウェディング
うらかめやブログ
赤い橋のうらかめやからの新着情報
Calendar

<05 | 2008/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

家で見つけた【オオクワガタ】の子を飼っています
家で見つけた【オオクワガタ】を飼っています。
娘が家で【オオクワガタ】の子を見つけて、弱っていたので息子がカゴで、えさの樹液ゼリーをやって飼い始めました。去年は店にいて怪我をしていたのを息子が飼いました。クワガタが来るなんて夏が来ているんですね。(過ごしやすい日が続いていたので) それに諏訪は田舎なんですね。今年はホタルも一万匹を超えた日が幾日もあって、虫が増えるのは環境のために良いようです。これからも個人的にエコバックの利用、ガソリンや電気の使用を減らす工夫、米のとぎ汁の有効利用や水の節約などをして行きたいと思います。そしてクワガタはメスなので元気になったら、逃がしてやりたいと思います。
スポンサーサイト



本当に素晴らしいサンリツ服部美術館のgreat-ukiyo-e-masters
北斎
東海道五十三次
安藤広重
今日は、当館から車で15分弱の、サンリツ服部美術館へ【Great-Ukiyo-E-Masters】を見に行って来ました。春信、歌麿、北斎、広重の浮世絵の本物をいっぱい見れました。昔、教科書や何かの写真でしか見たことがない物です。アメリカのミネアポリス美術館秘蔵のコレクションとのこと。駐車場に県外車が多いのも、その人気を感じました。アメリカのミネアポリス美術館は、日本美術部門でも屈指のコレクションだそうですが、今まであまり公開されなかった為、その保存状態が、極めて良好とのことです。どれも江戸時代の作品が、非常にきれいな状態で残されていて、嬉しかったのですが、これほどたくさんの絵が、海外流出してしまっていることに本当に驚きました。ここで見られるのは、7月10日までで、また、アメリカへ戻ってしまうようです。めったにない機会ですし、またその素晴らしさに、私は、時間を忘れて見入ってしまいました。そして家に帰ってその浮世絵の感動を、周りの皆に話してまた見に行きたくなってしまいました。
奏明館【オルゴール】と儀証象堂【時計】の体験工房
オルゴール作り体験中です。
時計の体験工房体験中です。
うちの近くの奏明館【オルゴール】と儀象堂【時計】にある、体験工房を見に行って来ました。工房内は綺麗で、オルゴールは400曲以上の中から選べて機械の組立の他、外装にデコレーもションも出来ます。時計の方は、時計作りの時間は20分~コースいろいろ、そして飾り付けのみも出来るそうです。どちらも技術者が指導もしてくれます。時計の体験工房は全国でここだけのようです。。私は昔、蓼科へ家族で行って、子供を含めた5人の名前を入れた表札を作って、楽しかった事を思い出しました。上手では無いのですが今も使っています。それに体験工房ならお天気が良くなくても大丈夫、約120台のアンテイークオルゴールを聞いたり、約900年前の時計を復元した水運儀象台ほかいろいろ楽しむ事が出来ます。





大盛況の辰野松尾峡のホタルとほたる祭り
ホタルの乱舞(イメージです)
昨日6月21日から辰野のほたる祭りが始まって、うちにも夜空のほたる号(ほたるバス)を予約したお客様がお泊りになりました。そのお客様は3号車で、他からの乗車人数が多いので、停車場所へバスが来るのが少し遅れたようです。バスが3台も出たんだなあと思いました。あいにくの雨だったので、ほたるはどうだったかお帰りになった時に尋ねると、うじゃうじゃ?いたとのこと、良かった。乱舞だったんだと安心しました。そうですよね。人間なら雨だから家の中にいようという事もあるけど虫なんだから。新聞には8000匹以上とありました。そして29日までは毎日お祭りをやっていて、商店街等も賑やかです。松尾峡へ見に行った方はホタルがいっぱい出ていて雨でも来てよかったとのこと、良かったです。ズボンやくつが濡れた人がありましたがくつは乾かしてあげることが出来ました。



辰野のホタルの乱舞
ホタルを撮りたい場合はいいカメラでどうぞ!いいカメラならもっと良く撮れます。
辰野でホタルの乱舞が始まったと新聞で見たので、ウェルシュコーギーと一緒に見に行って来ました。当館から車で30分位です。童謡公園は昔と比べて整備されていて歩きやすいです。そして去年に比べてゲンジホタルの数はずっと多く素晴らしかった。駐車場には夜空のホタル号(ホタルバス)や県外車もけっこうとめてあって、その人気ぶりを感じます。私のカメラでは接写でこんな写真しか撮れませんでした。もし写真がお撮りになりたければ、よいカメラが必要かも・・・?
写真を撮ることはさておき、この素敵なホタルの乱舞をぜひ大勢の方に見て頂きたいと思います。ホタルは、夏の始まりのこの時期だけですので。













辰野のホタル
辰野のホタル
昨日(6月15日)の辰野のホタルの発生状況は、(夜8時から9時まで)1、410匹で前日の、400匹に比べて1日で随分増えています。今年は辰野のほたる祭りは6月21日~29日です。21日のお祭り開催と同時にホタルの乱舞が楽しめると、辰野町役場では、予想していますがもっと早くにホタルの乱舞が見れそうです。何年か前に見たあのホタルの幻想的な乱舞が今年も見れると思うと本当に楽しみです。

臨済宗の慈雲寺
慈雲寺の山道です。
今日はウェルシュコーギーと慈雲寺へ行って来ました。途中の花見新道はすっかり葉桜になって、緑がきれいでした。道の諏訪湖側は歩道があって歩きやすく、見晴らしが良くて楽しかった。慈雲寺は私たちは御義理のときは、ほとんど脇の駐車場からお寺に入ってしまいましたが、今日は参道を歩いて、門をくぐって歩きました。鮮やかな緑の苔がきれいで素晴らしかったし、二つ目の門をはいるとすぐ目の前に【天桂の松】があり、その枝ぶりにはしばらく見とれてしまいました。慈雲寺は天文3年の火災の後武田信玄が資金を出して、再興はかったと言われていて、お堂の屋根には武田菱の紋が見えます。境内の中には石庭が造られていて心が和みます。ここに行かれる時はぜひ参道をお通りください。慈雲寺にある天桂の松です。

古墳時代後期に建てられたという青塚古墳
青塚社 前方後円墳です。
今日はウェルシュコーギーと知り合いの所へ行く途中、【青塚古墳】を通って行きました。ここはたまに通る犬の散歩道です。青塚は諏訪地方でただ1つの前方後円墳で、7世紀末ごろ(古墳時代後期)につくられたものらしいです。どなたの墓かわからないが、この地方で一番えらい方、お明神様か神の流れをくむ方のか知れない。祠があって四方可愛い御柱が四本立っていました。犬はあたりの草を食べて飛んで歩いて喜びました。それから知り合いの所へ寄って、そのあと秋宮へ参拝、今日は御賽銭をあげて来ました。青塚古墳です。古墳時代後期に造られたという古墳です。

岡谷警察署の方から頂いた西洋アサガオ
西洋アサガオ
昨年岡谷警察署の方から分けて頂いた西洋アサガオの種、たくさんいただいて全部蒔いたらいっぱい芽が出たので、うらかめやのロビーへ置いて欲しい方に持って行ってもらうことにしました。1つの所に3つ花が付く種類で普通より賑やかいです。日本の朝顔とはまた少し違った趣があります。私はこれと昨年取っておいた日本朝顔を両方プランターに植えて楽しむつもりでいます。去年も朝顔の花はいっぱい咲いて夏を演出してくれました。今年もまたそれを夢みて・・・。

御家族で中山道を歩いて遊泉ハウス児湯を楽しむ
児湯の入り口です。
子宝に恵まれるという伝説のお地蔵さまです。
先日ご家族でお泊りになったお客様で、翌日うちへ車を置いてタクシーで和田宿まで行って、そこからまた、うちまで御歩きになった方々がありました。リュック、杖(?)他装備は十分、なお驚いたことは、お父さんと若い息子さんと娘さんでした。御家族でまず良いなあと思ったのは、今は若い方が友達と遊んでも、親と9時間程を歩くのは珍しいからです。またお帰りになったときお会いすると楽しかったとのこと、確かにそうかも知れません。きれいな景色、草花、鳥の声、そして数々の旧跡等・・・いいですね~。それからうちの前にある遊泉ハウス児湯【子宝が授かるという伝説の】へ入ってお帰りになりました。ほのぼのとした温かさを感ずる良い御一家でした。


 
copyright © 2005 うらかめやブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ.